当山は旧来の檀家制度を用いない信者寺です。半ば強制的に信仰心なく、菩提寺と付き合わざるを得ない…。そのようなお考えの方も現代では多くいらっしゃいます。時代変遷と共に個人の信仰を尊重して納得する形を求めて、当山では入檀料や離檀料も御座いません。ご本尊さまや真言の教えを頼ってくださる方に精一杯お応えする、それが方針です。それ故に固定の寺院収入はなく、臨時の祈祷や法事・葬儀のお布施のみで寺院護持にあたっております。

明治時代に西洋諸国を模倣して文明化を推進してまいりました。奈良時代に仏教が伝来して幕末頃までは、諸藩大名や地方豪族などが仏教寺院を経済支援しました。また寺院が荘園を所有したり小作することで経済を循環させる事が出来ました。そのため僧侶は仏法の習修だけに専念して、教えを身に具えて説法したり祈願、供養を以て社会と民衆に還元してゆきました。それらの主な理由として、僧侶は生産と経済活動を戒律で禁止されている故です。

日本人の文化・思想・建築にも深く根付き、資本主義が支配する現代にあっても精神の豊かさを説く仏法がこれからも続くことを願い活動して参ります。タイやスリランカ、カンボジア、チベット等の同じ仏教国とは違って、お寺や僧侶に布施をして支えることが習慣化していません。法事や葬儀に対するサービス料として支払われているのが実状です。併しながら、布施行による功徳や深旨はあらゆる経典に典拠があり仏教の精神として重要なものです。三宝(仏・法・僧)が敬礼の対象としてあります。仏は法を伝え遺して、その法(教え)を僧侶は相承実践する。これにより現代に至るまで仏教の内容が正しく相伝されています。

新寺建立して檀家制度を持たない選択は難しい課題が多くあります。活動が続けられる限り少しでも仏法を相続してゆきます。

寺院では日夜を問わず曼荼羅一切の諸仏菩薩に対して礼拝供養を行います。そのため、善意による信仰心から御宝前にお供えするロウソクやお線香などを奉納して頂けますと幸いです。喜捨して頂きました浄財の用途が明瞭となっています。

以下のリンクより、寺院活動で使用する日用品や奉納旗のご寄進が頂けます。

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/30WIUFD626EXS?ref_=wl_share (※外部サイトAmzon.co.jpへ移動します)


〜臨時の奉納寄進のお願い〜

下記に掲載する法具の寄進を頂けます方はメール・お電話などでご一報下さりますと幸いです。ご芳名と願意を伺いまして、別座の特別祈願をさせて頂きます。

・護摩壇(朱色・四尺)…門弟修行者のY氏より奉納を賜りました。現在制作中になります。有難う御座いました。

当山御宝前では長らく住職手製の密壇を用いておりました。今後、護摩修法で祈念させて頂けるよう整備してまいります。

・排煙設備新設工事費用:316,800円

 見積りはさいたま市のテクノライズ様でお願いしました。見積書は下記リンクよりpdfファイルで閲覧頂けます。

https://www.kanno-ji.org/wp-content/uploads/2021/09/20210806換気扇.pdf

以下の法具は京仏具を設計・制作しています㈱田平製作所の販売価格になります。下記内訳になります。

御多羅:162,000円

勧進の施主さまに浴油の特別祈祷を奉修させて頂きます。


◎振込先

勧進者は予めその旨お伝え頂けますと幸いです。

・三井住友銀行 東大和支店 

店番号:852 普通口座:4317520

 名義:十寳山神應寺 西郷俊玄

・三菱UFJ銀行 久米川支店

 店番号:231 普通口座:991510

 名義:十寳山神應寺 西郷俊玄